العربية ภาษาไทย 中国 Deutsch English Español Francais Italiano Pусский Português 日本の
複合溶解のためのハイテク溶剤
Last update: 2019/01/07 10:30

 

 

 

エポキシ洗浄用溶剤

製造と利用

 

iBiotec® ファースト・クリーン・オレンジ100

樹脂メーカー向の溶剤

 非発火性、揮発性有機化合物なし

強いデカンテーション力

リサイクル可能、再利用可能

ハロゲンフリー、硫黄フリー

N-メチル-2-ピロリドンとN-メチルピロリドン(CMR)の代替物

 

iBiotec®テック® ファーストクリーンマンゴ36

エポキシ樹脂のアプリケータ用

洗浄溶剤

 TECAMジェルまでの即時溶解するパワー

発がん性、突然変異誘発性、生殖毒性(CMR)物質のを含有なし、ケトン・フリーを保証

 

 

ページの下部にあるデータシートを参照してください

 

 

 

 

epoxy resinなどとして一般に知られている、エポキシ樹脂(résines époxydiques)は、熱硬化性ポリマー系に属して、多くの用途を有します:

それらの合成はもともと構造的接着剤の使用のために行われました。

 

一般的なアプリケーション

接着剤、結合剤

建築機材、塗料、床材、舗装、骨材

タンクローリー、タンク、配管、パイプラインもしくは室内内装

圧延物

鋳造物

ジェルコート

自動車部品、

航空宇宙の構造部品

変圧器、タービン、電気機器のスイッチ、風力タービンの要素

貯蓄ニス、エレクトロニクスの表面実装コンポーネント

電気機器の「タッチ」コーティング

スポーツとレクリエーション、テニスラケット、スキー、ウィンドサーフィンボード、ゴルフクラブ、グライダー、楽器、釣竿...

複合材

 

最も一般的な樹脂はエピクロロヒドリン(ECH)です。内分泌かく乱物質(DGESA)であると疑いをもたれているビスフェノールA(BPA)は、脂肪族または芳香族グリコール、フェノールノボラックまたはO-クレゾール、ヒダントイン(グリコール - 尿素)、臭素酸塩およびアクリル酸塩で置き換えることができます。

最も一般的な硬化剤は、ポリイソシアネート(ジフェニル・メタンジ - アイソシアネートDDM-MDA)、脂肪族アミン、無水硬膜剤、およびTGIC(トリグリセリドイソシアヌレート)です。

 

エポキシ樹脂の溶剤洗浄および溶解溶液は、いくつかの要因に依存します。さらにアプリケータに関しては選択がより複雑です。

この選択は、完全な重合反応以前に利用可能な時間とポリエポキシド(重合反応の終了後に得られるポリマー)の取得に依存します。

この時間は5ステップで定義されます

1- 複合材の貯蔵温度 、または適用時の温度が非常に低温で、反応を起こすためには不十分。

2- ポットライフ :単数もしくは複数の複合成分の温度が十分であれば、反応が起こり始めます。

ポットライフは、混合物の粘度が2倍になった後の時間です。

例:混合物の粘度が10,000Cpsで、30 秒後に20,000Cpsである場合、ポットライフは30秒です。こうした英語特有の表現は

1ポット当たりの寿命で表す習慣がありますが、それによって超高速度の反応における混合物にとって混乱が起きる場合があります。

3-使用可能時間(ワーキングライフ)。一般に、この値は製造業者が提供します。それは、製品を適用できる時間です。

4-凍結時間(TECAMジェル・タイム)。生成物はジェルになり、適用できなくなります。(粘度はもはや測定することができません)。生み出されたポリエポキシドは硬化します。これをしばしば前段階の重合、プレ・ポリメリゼーションと言います。

5-ポリエポキシドは完全に重合しています。重合時間 ;最終的な物理化学的および機械的特性を有します。

 

難易度は2つの理由が考えられます。

反応のどの段階で洗浄したいですか?(完全な重合後に溶解することを含みます)。

どれほどの量が使用されますか?時間は量に応じて異なります:例えば、5分間複合接着剤のために、3グラムを導入する場合と、300グラムを導入する場合では、反応時間が異なるでしょう。

 

 

技術シート

iBiotec® ファースト・クリーン・オレンジ100

樹脂メーカー向の溶剤

 

                    テクニカルシートをダウンロードする

 

物理化学的な特性

製品仕様

  工業規格

単位

側面

  視覚

透明

-

色彩

  視覚

黄色

-

匂い

  嗅覚

軽快な、オレンジ

-

25℃での密度

  NF EN ISO 12185

1012

kg/m3

屈折率

  ISO 5661

1.4380

-

凝固点

  ISO 3016

- 15

°C

水への部分的な

  -

0

%

40℃での動粘性率

  NF EN 3104

2,3

mm²/s

酸価

  EN 14104

<1

mg(KOH)/g

ヨウ素価

  NF EN 14111

0

gI2/ 100g

水分

  NF ISO 6296

<0.001

%

蒸発後の残留物

  NF T 30-084

0

%

性能の特性

製品仕様

  工業規格

単位

カウリブタノール値

  ASTM D 1133

> 200

-

蒸発の速度

  -

> 3

時間

20℃における表面張力

  ISO 6295

34.5

ダイン/ cm

40°Cで銅板腐食100時間

  ISO 2160

1a

評価

アニリン点

  ISO 2977

nm

°C

火災安全性

製品仕様

  工業規格

単位

引火点(密閉式)

NF EN 22719

> 100

°C

自動引火点

  ASTM E 659

> 200

°C

爆発限界の下限

  NF EN 1839

0.9

%(体積)

爆発限界の上限

  NF EN 1839

8.7

%(体積)

爆発性、酸化性、可燃性、高度または極度に高い可燃性の物質を含有量

  区分、表示、包装に関する(CLP)規制

0

%

毒性に関する特徴

製品仕様

  工業規格

単位

アニシジン価

  NF ISO 6885

<3

-

過酸化物価

  NF ISO 3960

nm

meq(O2)/kg

TOTOX(アニシジン価+過酸化物価x2)

  -

nm

-

発がん性、突然変異誘発性、生殖毒性(CMR)物質の含有量、刺激性、腐食性物を含有

  区分、表示、包装に関する(CLP)規制

0

%

エステル交換から生じた残留メタノール含量

  GC-MS

0

%

腐食性の有害化合物、CMR、刺激物の100℃での発生

  GC-MS

nm

%

環境保護面での特徴

製品仕様

  工業規格

単位

水に対する危険性

水に対する危険性のカテゴリー(ドイツ)

1.

水に対する危険がない

カテゴリー

第一段階における分解性CEC、25℃で 21日

L 33 T82

> 80

%

28日でOECD 301 Aが容易に生分解可能

CODの消滅

ISO 7827

> 80

%

28日で容易かつ究極的にOECD 301 D生分解 が可能

67日での生分解

改訂版MITI

nm

 

 

 

技術シート

iBiotec®テック® ファーストクリーンマンゴ36

洗浄用の溶解溶剤

エポキシ樹脂アプリケータ用

 

 

物理化学的な特性

製品仕様

工業規格

単位

側面

視覚

透明

-

色彩*

視覚

無色

-

匂い

嗅覚

フルーティーな

-

25℃での密度

NF EN ISO 12185

918

kg/m3

屈折率

ISO 5661

1.3970

-

凝固点

ISO 3016

<-30

°C

水への部分的な

-

不溶性

%

40℃での動粘性率

NF EN 3104

1.0

mm²/s

酸価

EN 14104

0

mg(KOH)/g

ヨウ素価

NF EN 14111

0

gI2/ 100g

水分

NF ISO 6296

0

%

蒸発後の残留物

NF T 30-084

0

%

性能特性

製品仕様

工業規格

単位

カウリブタノールインデックス

ASTM D 1133

177

-

蒸発の速度

-

6

20℃における表面張力

ISO 6295

24.8

ダイン/ cm

40°Cで銅板腐食100時間

ISO 2160

1a

評価

安全性に関する特性

製品仕様

工業規格

単位

引火点(密閉式)

ISO 2719

36

°C

自動引火点

ASTM E 659

> 200

°C

爆発限界を下限

NF EN 1839

0.4

%(体積)

爆発限界の上限

NF EN 1839

4.8

%(体積)

毒性に関する特徴

製品仕様

工業規格

単位

アニシジン価

NF ISO 6885

0

-

過酸化物価

NF ISO 3960

0

meq(O2)/kg

TOTOX(アニシジン価+過酸化物価x2)

-

0

-

発がん性、突然変異誘発性、生殖毒性(CMR)物質の含有量、刺激性、腐食性物を含有

区分、表示、包装に関する(CLP)規制

0

%

エステル交換から生じた残留メタノール含量

GC-MS

0

%

環境保護面での特徴

製品仕様

工業規格

単位

生分解性

OECD 301

生分解可能

-

20℃での蒸気圧

-

1.2

kPa

揮発性有機化合物

(VOC)含有量

-

100

%

硫黄含有量

GC-MS

0

%

ベンゼン含有量

ASTM D6229

0

%

総ハロゲン含有量

GC-MS

0

%

塩素化溶剤の含有量

-

0.00

%

芳香族溶剤の含有量

-

0.00

%

環境に有害な物質の含有量

区分、表示、包装に関する(CLP)規制

0

%

PRPを有する化合物の含有量

-

0

%

ODPを含む化合物の含有量

-

0

%

 *測定されなかったか、測定不可能

 

 

別の製品をお探しですか?

 

写真をクリックして当社の全製品ラインをご覧ください

 

 ポリエステル樹脂、エポキシ、ポリウレタンおよび複合材の洗浄用の安全溶剤。NMP、NEP、アセトン、塩化メチレンの代替物として使用可能。どのような安全な溶剤を選択しますか?複合材、ポリエステル製マトリックス、UPR、ハイブリッド、エポキシ、ポリウレタンのIbiotec考案者、および技術溶剤の製造業者、樹脂溶剤、複合溶剤、ポリエステル溶剤、樹脂クリーナー、ポリエステルクリーナー、複合クリーナー。新しい溶剤。新しい溶剤。環境にやさしい溶剤。ジクロロメタンの代替物。塩化メチレンの代替物。ch2 cl2の代替物。CMRの代替物。アセトン代用品。アセトン代用品。NMPの代用品。ポリウレタン用溶剤。エポキシ用溶剤。ポリエステル溶剤。接着溶剤。塗料の溶剤。樹脂の溶剤。ワニス溶剤。エラストマー溶剤。cmrの代替物。cmr代替物

 

生産、潤滑、清掃、保護、

IBiotec® テックインダストリーズ®

サービスは、

業界特有のあらゆる製品を提供します 


 

ご希望:

 

無料サンプ

技術提言

テクニカルシート

安全データシート

 

お問合せ先

 


IBiotec® テックインダストリーズ®

技術化学および技術製品メーカー、

ご訪問ありがとうございます。


 

IBiotec® テックインダストリーズ®サービス : YOUTUBE